ヨガは健康にいいの?実際にやってみてわかった良さと効果

スポンサーリンク

日本のヨガ人口約590万人(2017年時点)と言われる昨今、ヨガってどういう効果があって実践するとどうなるのか、いまいち分からないって人多いのではないでしょうか。今回はやってみて分かったヨガの良さと効果をご紹介します。

やり始めは

ヨガを始めたのは今から2年前の夏くらいからでした。妻が購入したヨガのDVDが自宅にあり、存在は知っていたのですが、やったことはありませんでした。一度やってみようと思いDVD流しながらヨガ実践、しかし初めて行うヨガに予想以上の疲労を覚えました。

なんでもないポーズなのに、めっちゃ辛いんですよ、これが。例えば戦士のポーズなど。DVDのインストラクターは楽チンにやっているように見えるのですが、実際やってみるとかなりきつい。

運動不足なのか、ヨガ自体がかなりハイレベルなのかわかりませんでした。

最初は辛いだけで全くリフレッシュしない。「なんなんだ、こりゃイメージと違うぞ。。。」というのが第一印象でした。

反復してわかる効果

初回のつらさから、一度ヨガから離れました。正直良さがわかりませんでした。DVDは50分程度のメニューでビギナーでも大丈夫というものでした。ビギナー向けのわりに結構きつくって。しかし、「何度かやらないと良さもわからないだろうな」と思い、ヨガ再開。けど辛い部分は飛ばしてやっていました。

DVDの中でインストラクターの方が仰ってたんです。「ヨガにこうしなければいけないという決まりはありません」って。それに甘えました。今思うとそれが良かったんだと思います。

何度か間が空きましたが継続していくと段々と慣れていきます。辛いと思っていたパートもある程度楽にできるようになりました。そうすると辛さがあまり無くなってきたように思います。

体の変化

ヨガは激しい運動というよりは呼吸と姿勢を正しく実践し、徐々に代謝を上げていくというものです。そのためじわじわと体が温まってきます。ホットヨガなどもありますが、あれってだいぶ慣れた人じゃないと続かないんじゃないかなって思います。汗を過剰にかきすぎるのはそこまでオススメしないです。きっと最初からホットヨガをやってしまうと続かないんじゃないかなって思います。

継続していると姿勢が良くなってきます。元々背筋はピンとしていて姿勢は良い方だと思いますが、ヨガの際にとっていた立位を意識するようになります。下腹に意識的に力を入れること、肩を耳から離しておく事を意識的にやっている感覚があります。

そして体が柔らかくなります。これは本当に柔らかくなります。びっくりしますよ。元々運動は得な方ではなかったのでかなり体は硬い方だったのですが、今では直立で楽に床に両手をつくことができます。太もものうらにハムストリングという大きな筋肉があるのですが、そこを伸ばす体位が多く、自然とハムストリングが伸ばせるようになってきます。

心の変化

ヨガではストレスがハムストリングに蓄積されると考えられています。そのためそこをストレッチする事で体に蓄積されたストレスを流す効果があると言います。

ヨガのルーティーン(全体の流れ)では段々と難しくなり、だんだんとストレッチよりの体位を行うような流れなので、気づいたら大変な体位もできるようになっています。

最後に瞑想を行うのですが、ある程度運動してストレッチした状態で行う瞑想が非常に気持ちいいのです。これはびっくりしました。気持ちが非常にリラックスして一連のルーティーンが終わるとかなりリラックスしている自分に気づきます。

最後に

自分はまだヨガを始めたばかりといってもいいくらい初心者ではありますが、ヨガは健康作りにかなり役立つと言っていいと思います。

重要なのはいきなり難しい事をしないこと。これからも自分のペースで実践していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。